ニュース
» 2007年02月16日 07時46分 UPDATE

「スマートフォンで仕事に縛られる」33%――米調査

スマートフォンやPDAで仕事の自由度が上がるとされるが、実際には仕事と生活との境界があいまいになり、より仕事量が増えているという。

[ITmedia]

 調査会社のSolutions Research Groupは2月15日、スマートフォンと仕事・生活バランスについての調査報告を発表した。調査は、米国の2600人を対象に行われた。

 報告によると、BlackBerryやPalm TreoといったスマートフォンやPDAにより、「自由を得る以上に仕事に縛られる」との記述に対し、「そう思う」という回答は33%に上り、「そう思わない」の34%とほぼ同じだった。34%はどちらでもないと回答している。実際にスマートフォンを持つ人だけに対象を絞っても、割合はそれほど変わらないという。

 実際の仕事時間については、週に50時間以上働く人の比率が回答者平均で11%だったのに対し、スマートフォンなどの端末所有者では19%。また「自分の時間が十分に持てない」との回答も、平均の40%に対しスマートフォンなどの所有者では53%に上った。Solutions Research Groupはこうした結果について、スマートフォンの「より短い時間でより多くの作業が可能」とのうたい文句とは逆に、実際は単に作業量や時間が増えていると説明している。

 報告によると、スマートフォンなどの携帯端末を所有する人の平均像は、35歳前後で大卒、子供を持つ人が多く、平均年収は米国平均よりも50%高い9万4000ドルだった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -