ニュース
» 2007年04月09日 11時13分 UPDATE

MS Wordの生みの親、宇宙へ旅立つ

「Word」「Excel」を生んだチャールズ・シモニー氏を乗せたロケットが、国際宇宙ステーションへの打ち上げに成功した。

[ITmedia]

 Microsoftの「Word」「Excel」の生みの親であるチャールズ・シモニー氏が国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立った。民間宇宙旅行を手掛ける米Space Adventuresが4月7日、明らかにした。

 同氏が搭乗したソユーズTMAはこの日、カザフスタンのバイコヌール宇宙センターで打ち上げられた。これで同氏は世界で5番目の民間宇宙飛行士となった。ISS第15次探索隊とともに、同氏は13日間のミッションに参加する。

ah_soyuz.jpg ソユーズTMA

 打ち上げ当日の朝、シモニー氏は特設サイトCharles in Spaceのブログに次のように記している。

 「バイコヌールの朝は美しい。よく眠れたし、バイタルサインは絶好調だ。家族や客が訪ねてきてくれて楽しかった。彼らは先に発射台とロケットを見に行って、少しにわか雨があってその後にきれいな虹が出たと教えてくれた。打ち上げが楽しみだ」

 同氏はISSで10日間を過ごし、その間実験を行ったり、アマチュア無線信号で高校生と話をしたり、Cosmonautics Dayを祝してステーションクルーに「グルメ宇宙食」をプレゼントする。また同氏はCharles in Spaceで自身の体験を毎日ブログやビデオで報告する。

Simony.jpg シミュレータで訓練中のシモニー氏

関連キーワード

宇宙 | Word | Excel | ロケット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -