ニュース
» 2007年04月14日 07時44分 UPDATE

Broadcom、QUALCOMM相手に新たな訴訟

BroadcomとQUALCOMM間の訴訟では、一部取り下げや和解の成立を見ていたが、ここにきて、BroadcomがQUALCOMM相手に新たな訴訟を起こした。

[ITmedia]

 米Broadcomは4月13日、米QUALCOMMの行為が反競争的であり、カリフォルニア州法に違反するとして、米カリフォルニア州地裁に提訴したと発表した。QUALCOMMが得た不正利得の返済や、補償的損害賠償および懲罰的損害賠償のほか、QUALCOMMが特定の特許に関し、Broadcomやその顧客企業に特許料支払いを強制できないよう、恒久的な差し止めを求めている。

 Broadcomの訴状によると、QUALCOMMは業界標準の確立プロセスで、義務に反して自社の特許情報を隠したり、作業部会のメンバーをひそかに雇うなどの反競争的な行為をしていたという。Broadcomは、H.264標準やIEEE 802.20における4G標準の確立プロセスでのQUALCOMMの行為を例として挙げた上で、QUALCOMMが同様の不正を携帯電話やビデオ、モバイルブロードバンドなど「複数の技術で、複数の標準化団体において」行っていたとし、これが詐欺行為や契約不履行に当たり、カリフォルニア州の不当競争法に違反すると主張している。

 BroadcomとQUALCOMMの両社は複数の訴訟を係争中で、うち米カリフォルニア州サンディエゴ連邦地裁で争われている訴訟については、取り下げもしくは和解が成立しているが、米カリフォルニア州サンタアナ連邦地裁、国際貿易委員会(ITC)で係争中の特許侵害訴訟は継続中となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -