ニュース
» 2007年07月13日 21時06分 UPDATE

Second Life日本語版、ようやく公開

「Second Life」日本語版がようやく登場。日本語サイトもリニューアルした。

[ITmedia]

 米Linden Labが運営する3D仮想空間「Second Life」専用ブラウザに7月13日、日本語β版が登場した。同日リニューアルした日本語サイトでユーザー登録し、OSを選んで言語から「Japanese」を選べば日本語メニューのブラウザを利用できる。対応OSはWindows 2000/XP、Mac OS X、Linux。


画像 ログインページも下メニューが日本語に
画像 メニューやヘルプ画面が日本語化された

 日本語版は当初「昨年内に公開予定」としていたが、延び延びになっていた(関連記事参照)。日本語βのテスト版は公開済みだが、日本語が不自然で、ヘルプ画面などは英語のままだった。

画像 新日本語サイト

 すでにアカウントを持っているユーザーは、英語のダウンロードページでブラウザをダウンロードし直し、言語からJapaneseを選べば利用できる。

 Second Lifeの登録ユーザー数は、7月13日午後7時50分現在で約800万3000人、60日以内にログインしたユーザー数は約173万2000人、同時オンラインユーザー数は約2万5000人。

関連キーワード

Second Life | 仮想世界


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -