ニュース
» 2007年08月01日 20時18分 UPDATE

「MはモバイルのM」――MTV、動画も見られる携帯SNS

アーティスト動画を閲覧できるMTVの携帯専用SNS「myMTV」がオープンした。日記を書いたり、アーティストとフレンド登録して最新情報を取得したりできる。

[宮本真希,ITmedia]

 米MTV Networks子会社のViacom International Japanは8月1日、動画を閲覧できる携帯電話向けSNS「myMTV」を開設した。音楽専門チャンネル「MTV」の番組を視聴したり、アーティストをフレンド登録して新着情報を取得したり、個人ページで日記を書いたりできる。携帯電話はMTV視聴者層である若年層と親和性が高いとし、携帯電話向けサービスを拡充する。

画像 個人ページのプロフィール画面。スキンはMTVのアニメ「ビーバス&バットヘッド」

 NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルの3G端末に対応した。アーティストが楽曲についてコメントする動画や、MTVの人気アニメ、バラエティー番組などを配信する。アーティスト動画は3キャリア全てで閲覧できる。MTVの番組の閲覧はNTTドコモ端末のみで、今後ほかのキャリアの端末にも対応する予定。

 SNS機能は、個人ページで日記を書いたりプロフィールを公開できるほか、携帯で撮影した動画や画像をアップロードすることも可能だ。スキンは、MTVの番組ロゴをモチーフにしたデザインや、アーティストのTOUMAさんがデザインしたものなど40種類以上から選べる。

 SNSにはヒップホップアーティストのKREVAさんやロックグループのRIZEなども参加。フレンド登録すると、最新日記や動画の更新情報を受け取れる。

 ドコモ端末向けには、専用アプリ「myMTVビューアー」を提供。動画を再生しながらSNSを閲覧できる。


画像 MTV JAPANの番組で進行役を務めている浦浜アリサさん(左)と、KREVAさん。myMTVの浦浜さんのページにアップする写真を携帯で撮影中
画像 浦浜アリサさん(左)とKREVAさん。KREVAさんは「MTVに出演した時は、番組の裏側などオフショットをmyMTVで配信したい」と語った

 同社はこれまでも、携帯電話向けにミュージックビデオを配信するなど携帯事業に注力してきた。「myMTVは、これまでのデジタルメディア事業の結晶。若者の間ではもはや携帯は通話するものではなく、動画などを見るメディアの1つになりつつある。若者に支持されるメディアであるMTVは、携帯向けの事業をやるしかない。MTVのMはモバイルのMになりつつある」と同社デジタルメディア事業本部のトニー・エリソン本部長は意気込みを語る。

 同社のピーター・ブラード社長も「日本はモバイルエンターテインメントの最前線だ。モバイルは若者のメディアであり、MTVの世界ビジネスの中心だ」と述べた。

 ブラード社長によるとmyMTVは、MTVのキャッチフレーズである「I want my MTV」から取った。ミュージシャンとつながりが持て、自分らしさを表現できるという意味を込めたという。

 ユーザーがコミュニティーを作成できる機能を9月に追加する予定。公式サイト化も検討する。

関連キーワード

MTV | SNS | Viacom


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -