ニュース
» 2007年08月02日 08時02分 UPDATE

業界団体CCIA、MLBやDreamWorksが「著作権を不当に主張」と申し立て

DVDやスポーツ番組の冒頭に表示される著作権についての「脅迫的」警告が、消費者による合法的なコンテンツ使用を妨げているとしている。

[ITmedia]

 情報通信技術(ICT)業界団体のComputer & Communications Industry Association(CCIA)は8月1日、Major League Baseball(MLB)やNational Football League(NFL)、NBC Universalなどが著作権を不当に主張しているとして、米連邦取引委員会(FTC)に苦情の申し立てを行ったと発表した。申し立てでは、メディアおよびスポーツ関連組織が「不正かつ脅迫的な陳述を通じて自らの権利を不当に主張」し、消費者を「組織的に欺いてきた」事業慣行を明らかにしたいとしている。

 CCIAは、スポーツの試合やDVD、書籍などの冒頭に表示される著作権に関する警告が「消費者の教育目的ではなく、消費者を脅すために」使用されていると指摘。これは、連邦法で認められている公正利用であっても控えるよう消費者を仕向けるものであり、商取引における詐欺的行為を禁じたFTC条例にも反するとしている。そしてこのような消費者心理への悪影響から、新製品や新サービスの需要が減じ、結果的にCCIA会員を含む業界各社が打撃を受けているという主張だ。

 FTCへの申し立ては、MLB、NFL、NBC Universal、DreamWorks、Harcourt、Penguin Groupを対象としている。CCIAの会員には、GoogleやMicrosoft、Yahoo!、富士通などが名を連ねる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -