ニュース
» 2007年08月09日 20時13分 UPDATE

新VIERAは「フルHDビッグバン」 37Vに液晶投入

「まさにフルハイビジョン・ビッグバン」――新VIERAは全機種でフルHDに対応した。42V以上はプラズマだが、37Vに初めて液晶を投入。「37V以上はプラズマで」としていた戦略を転換した。

[宮本真希,ITmedia]

 松下電器産業は、薄型テレビ「VIERA」の新機種を9月1日に発売する。全機種フルハイビジョン(1920×1080ピクセル)対応で、65V〜42V型の6機種はプラズマ、最小の37V型は液晶で展開。「37V以上はプラズマ」としていたこれまでの姿勢を転換し、拡大するフルHDへのニーズを取り込んでいく。

 家電やインターネットと接続する機能「VIERAリンク」も強くアピール。ドアフォンと接続して戸外の映像を確認できる機能などを追加し、「“VIERAにリンク”をリビングの外に広げたい」としている。

画像

 プラズマは上位の「PZ750シリーズ」4機種(65V、58V、50V、42V)と、エントリーモデル「PZ70シリーズ」2機種(50V、42V)。液晶は37V型「TH-37LZ75」で、それぞれ9月1日に発売する。

 「まさにフルハイビジョン・ビッグバン」――同社マーケティング本部の西口史郎本部長は、フルHDへのニーズの拡大をこう表現する。同社の調べによると、2007年5月に販売された37V型以上の薄型テレビで、半数以上がフルHDモデル。「テレビ放送もビデオカメラもフルHD化が進んでいる」とし、フルHD化推進で拡大するニーズに応える。

 同社は従来から「37V以上はプラズマ、それより小さいサイズは液晶」という戦略を採ってきたが、今回初めて、37Vを液晶にしてラインアップを構成する。「37Vプラズマは4月に発表し、好評なので製造を続けるが、37VフルHDは液晶で作っていく」という。

 同社のプラズマでは、フルHDモデルは42Vまで。西口本部長は「大画面テレビ市場は42V以上に移ってきている」とし、「薄型テレビの主力は42V」という見方を改めてアピールした。

「VIERAにリンク」をリビングの外に

 「“VIERAにリンク”をリビングの外にも」――テレビとデジタル家電などをネットワークでつなぐ「VIERA Link」のPRも積極化する。上位機種ではテレビを見ながらテレビドアフォン「どこでもドアホン」の映像を表示できるようにし、接続できる家電を拡張。テレビ向け映像配信「アクトビラビデオ」でビデオオンデマンド(VOD)を楽しめる点も訴求していく(関連記事参照)


画像 2画面でドアフォンの映像も表示
画像 アクトビラビデオのコンテンツをリモコンで選択できる

画像 CMキャラクターの小雪さん(左)と綾瀬はるかさん。CMで同じ名前の子犬と共演した小雪さんは「人に優しいというVIERAのコンセプトが伝わるCMになった」とし、綾瀬さんは「デジカメでとった写真をVIERAで見たりして楽しみたい」と話した

 テレビCMには従来通り小雪さんが出演する。「VIERAにリンク」をPRする専用CMも別に作成し、小雪さんと、妹役として新たに綾瀬はるかさんが登場する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -