ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月08日 20時32分 公開

アクトビラ、デジタルテレビ向け動画配信サービスを開始

デジタルテレビ向けポータルサービス「acTVila」で、動画配信サービスが開始される。入会金・基本料無料のPPV方式。

[ITmedia]
photo 「アクトビラ ビデオ」(イメージ)

 デジタルテレビ向けネットサービスの名称を「acTVila」(アクトビラ)を運営するテレビポータルサービスは8月8日、デジタルテレビ向け映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」を9月1日より開始すると発表した。

 対応テレビをブロードバンド回線に接続するだけで、映画やドラマ、バラエティなどの映像コンテンツが楽しめる。入会金・基本料だが、有料コンテンツの場合は1本105円〜の視聴料金が必要。開始日から10月31日まではすべてのコンテンツを無料開放する。視聴料金の決済については、ISP決済(当初はSo-netのみ)とクレジットカードが利用できる。

 画面左と下にナビゲーションが表れる「アクトビラ ビデオ」と、映像を全画面表示する高解像度な「アクトビラ ビデオ・フル」の2種類が提供されるが、前者の利用には6Mbsp、後者の利用には12Mbps程度の回線速度が必要とされている。また、特定のISPや通信事業者を利用する必要はなく、対応テレビさえあればよい。

photophoto 「アクトビラ ビデオ」(左)と「アクトビラ ビデオ・フル」(右)

 サービス開始時にはネオ・インデックス、バンダイチャンネル、ギャガ・コミュニケーションズ、ジャパンイメージコミュニケーションズ、スペースシャワーTV、ナウオンメディアがコンテンツプロバイダーとして参加。オープン記念としてポール・マッカートニーやU2、オアシスなどのライブ映像を無料配信する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.