ニュース
» 2007年08月17日 16時34分 UPDATE

Appleの「美しいNumbers」はExcelの代わりになるか

iWorkの表計算アプリケーション「Numbers」はかなりの関心を集め、「もうExcelには戻らない」と賞賛するユーザーもいる。だが、スクリプトをサポートしていない点などには不満の声も。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 ユーザーや開発者の反応を見たところ、Appleの8月7日のスペシャルイベントの最大のニュースは、スティーブ・ジョブズCEOが言うところの「普通の人」のための新しい表計算ソフト「Numbers」のデビューだったようだ。

 NumbersはAppleの79ドルのソフトウェアスイート「iWork '08」の一部。このスイートにはプレゼンテーションソフト「Keynote」、ワープロ・ページレイアウトアプリケーション「Pages」の新版も含まれる。Pagesの新版はMicrosoft Word 2007文書を開ける。現時点ではMac用WordのユーザーがWord 2007ファイルを開くには、Microsoftのファイルコンバータのβ版を使わなくてはならない。

 Apple製の「表計算アプリケーションはかなり期待されていた」とコンピュータショップFirstTech Computerのプロダクトマネジャー、フレッド・エバンズ氏は言う。「たくさんの人がMicrosoft Officeを買っているが、彼らは欲しいからではなく、買わなくてはならないから買っている」

 エバンズ氏は、iWork '08の「評判は、全体的に良く」、同スイートが発表された日から、FirtsTechには問い合わせの電話が来ていると話す。

 iWork '08の「売り上げは上々だ」と同氏は語り、それに比べると旧版iWorkの売り上げはそこそこだったと付け加えた。

 Numbersが加わったことが、その違いを生んだのだろうと同氏は指摘する。「特にNumbersにかなりの関心が集まっている。人々は見た目や、項目の並べ替えの簡単さを気に入っている」

 しかし、ほとんどの人は同氏に、NumbersがMicrosoft Excelの代わりになるのかどうかを聞いてくるという。同氏は、Numbersは「個人向けで、おそらくオフィスや企業向けではない」と答えている。同氏は、Appleがサイトライセンスを提供していない点を指摘、そのようなライセンスがあれば、大規模導入する上でもっと魅力的になるだろうとしている。

 だが、Mac OS X向けカタログ化アプリケーション「Delicious Library」を開発するDelicious Monsterのような小規模企業にとっては、NumbersはすぐにExcelの代わりになるものだった。

 「購入したその日にNumbersを起動した」とDelicious Monsterのウィリアム・ジョン・シプリーCEOは語る。同氏は、会社の毎週の売り上げを記録するのに使っていたExcelファイルをすべてインポートしたという。

 「良かれ悪しかれ、Excelで目にするものとまったく同じだった。Numbersの自動チャートバックグラウンドは非常に美しく、これまでExcelで見てきたよりもいい」(同氏)

 同氏は、業務ファイルのアーカイブすべてを――計算式や書式はそのままに――40分で変換できたとしている。

 「もうExcelには戻らない」(同氏)

 ただしシプリー氏は、Excelのスクリプトを利用したことはないと認めている。Numbersは、多くの企業が使っているVisual Basicスクリプトをサポートしていない。同氏はまた、NumbersがAppleのネイティブスクリプティング言語AppleScriptをサポートしていないのは「信じられないほどひどい」と話す。

 「Appleは長年、開発者にAppleScriptサポートを組み込むよう言っていたのに」と同氏。ただ、AppleはソフトアップデートでNumbersのAppleScriptサポートを「確実に」追加できると同氏は言う。

 「Appleは、Mac向けの表計算ソフトをうまく作れる唯一の会社だ。Excelは非常に定着しているが、それは優れていることとイコールではない」(同氏)

 シプリー氏は一開発者として、Microsoftが最近ファイルフォーマットをオープンにしたのとは違って、AppleがiWorkアプリケーションファイルフォーマットを開放していないことを批判しているが、iWorkアプリケーションが「開発者にとって素晴らしい目標を作り出している」ことは認めている。

 それでも一部の企業にとっては、Numbersは依然としてコンシューマー向けアプリケーションであり、企業ニーズを満たす十分なツールではない。

 「Numbersは優れたスタイルと表計算機能を多数持っているが、データのインターチェンジ機能をちょっと見たかった。どうやらその機能はないようだ」とデータベースおよびWeb開発サービスを提供するConcise Designのオーナー、ブルース・ロバートソン氏は言う。

 「Numbersはスクリプトのサポートがない点で、第一世代のiWorkのほかのアプリケーションに似ているようだ。できればPagesやKeynoteで――部分的にではあるが――サポートしたように、スクリプトサポートを追加してほしい」と同氏は語る。「データをうまくテンプレートに入れる唯一の方法は、コピー&ペーストか手動でのデータ入力のようだ。スプレッドシートのリージョンは名前付きのテーブルだが、それを結合したり、インポートできる機能やメニューコマンドがあるようには見えない」

 「Excelとは違って、1つのNumbersファイルをほかのファイルのデータソースとして使うことはできない。Numbersファイル間でテーブルをドラッグすることもできない。データフォーマットはXMLだが、すぐに変換ツールが出てくることはおそらくないだろう。Address BookやiCalからアイテムをドラッグすることはできる。Numbersは美しく多才だが、データの挿入に関して言えば、自動オプションがないようだ」(同氏)

 それとは無関係かもしれないが、Appleは今週、コンシューマー向けに長年提供しているオフィススイート「AppleWorks」を密かに「生産中止」ステータスにしたことを認めた。

 同製品はワープロ、表計算、データベース、作図、描画ソフトを備え、1984年にApple II向けの「ClarisWorks」として誕生した。1991年にMacintoshに、1993年にWindowsに移植された。

 Appleの担当者は、iWork '08はAppleWorksのワープロ文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを開けるとしている。

関連キーワード

Apple | Excel


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -