ニュース
» 2007年08月22日 18時06分 UPDATE

Google Earthに「宇宙を眺める」新機能

Google Earthの新機能「Sky」では、夜空の星や銀河を見上げることができる。

[ITmedia]

 Googleは8月22日、「Google Earth」で宇宙の高解像度画像を見られる新機能「Sky」を発表した。

 Sky機能を利用するには、Google Earthの「ビュー」のドロップダウンメニューから「Switch to Sky」を選択するか、Google EarthツールバーのSkyボタンをクリックする。通常のGoogle Earthと同じように、ドラッグ、ズーム、検索、「My Places」登録などの操作ができる。

ah_gsky.jpg

 GoogleはSky機能に合わせて7種類のレイヤーを導入した。星座を表示する「星座」、星や銀河、星雲などの情報を入手できる「身近な天文学」、ハッブル宇宙望遠鏡の画像が見られる「ハッブルショーケース」、月の位置や満ち欠けを表示する「月」、惑星の位置を表示する「惑星」、銀河のバーチャルツアーを提供する「銀河の説明」、星のライフサイクルを説明する「星の一生」の7種。

ah_gsky1.jpg 星座

 Sky機能の利用には、最新版のGoogle Earthが必要。この機能は日本語も含め13の言語に対応している。

ah_gsky2.jpg ハッブルショーケース

関連キーワード

Google | Google Earth | 宇宙


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -