ニュース
» 2007年10月26日 08時44分 UPDATE

「ネットは子供に有益」と考える親が減少――米調査

PCや携帯電話、MP3プレーヤーなどの所有率が伸びる一方で、親よりも子供の方がこれら最新技術を便利なものと評価しているようだ。

[ITmedia]

 インターネットが子供にとって有益と考える親が減少している。米非営利団体Pew Internet & American Life Projectが10月24日、ティーンエージャーとその親のインターネット利用に関する意識調査についての報告書をまとめた。調査対象となったのは12歳から17歳の子供とその親の935人で、調査期間は2006年10月23日〜11月19日。

 報告書によると、ネットは子供にとって有益とする親は、2004年の67%から2006年には59%に減少。一方で有害とする親が5%から7%へと増加した。同時に影響はないとする親も、25%から30%へと増えている。

 また大半の親は、インターネットに費やす時間よりも、閲覧するコンテンツに注意を払っていることが明らかになった。「子供が閲覧できるサイト、できないサイトを決めている」が68%であるのに対し、「子供がオンラインに費やせる時間を決めている」という回答は55%だった。

 親と子供では、デスクトップPCやノートPC、携帯電話、MP3プレーヤー、PDAの所有台数はほぼ同じであり、親の64%、子供の60%が、2〜3台のハイテク機器を所有していた。親と子供の両方が所有している率が最も高いのがデスクトップPCで64%、携帯電話が2番目で60%だった。携帯電話は、親が所有・子供未所有の率は29%、親が未所有・子供所有の率は3%だったが、iPodなどのMP3プレーヤーだと、親が所有・子供未所有の率は7%、親が未所有・子供所有の率は29%と数字が逆転する。

 インターネットやハイテク機器を利用している子供の89%が、これらが暮らしやすさに貢献していると答えたのに対し、親で同様の回答をしたのは71%だった。

関連キーワード

子供 | ガジェット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -