ニュース
» 2007年11月01日 20時26分 UPDATE

「非常に強い危機感」にじむ 「905i」「705i」同時発表のドコモ

「非常に強い危機感を感じている」──「905i」「705i」の同時発表に踏み切ったドコモ。「『ドコモ2.0』の時代が来たね、と言ってもらえるような」改善の取り組みを続ける決意だ。

[ITmedia]
photo 辻村常務

 「純減になる月もあるなど、非常に強い危機感を感じている」──「905i」「705i」の同時発表に踏み切ったNTTドコモの辻村清行常務執行役員は、東京・六本木の発表会場でこう話した。

 ただ「1つの策でひっくり返せるものでもない」とも話し、端末ラインアップや料金プラン、ネットワークの改善などを「総合することで苦境から脱せる」と決意を示す。「欲しい端末が必ず見つかる」と一挙23機種75色を発表してみせたのもその決意の表れだ。

 「機種変更をせず、長く使い続けるほど得になる」という割賦販売の導入は、先行して年末商戦に投入される905iシリーズから。同時発表した705iシリーズのほうに魅力を感じたユーザーにより、買い控えが起きる可能性もある。

 だが割賦販売で機種変更の“拘束期間”が長くなるため、「後どんな端末を発売するのか見てもらい、幅広いバリエーションの中から自分に合った端末を選んでもらいたい」(辻村常務)として2シリーズの同時発表となった。「ハイスペックを求めるユーザーは905iを選び、自分に合った機能が欲しいユーザーは705iを待つのでは」とも見る。

photophoto ドコモが総合的に取り組む方向性と、「905i」「705i」で掲げる4つのテーマ
photophoto

 発表会で、辻村常務は「ドコモだけ」「ドコモならでは」「音楽には早くから取り組み、世界で最も進んだキャリアと自負している」といったフレーズで最大手キャリアとしての実績を強調してみせた。同社CMでおなじみの長瀬智也さんや蒼井優さんらも勢ぞろし、「ドコモ最高!」と気勢を上げた。

 新シリーズでは、海外ローミングの利便性を向上や、GPS地図サービスのほぼ標準搭載化、HSDPAをいかした映像配信の充実、緊急地震速報の一斉配信──といったサービス面での取り組みも進める。辻村常務は「新しい『ドコモ2.0』の時代が来たね、と言ってもらえるような取り組みを続けていく」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -