ニュース
» 2007年11月27日 11時51分 UPDATE

Firefoxに危険度「高」の脆弱性、最新版にアップデートを

FirefoxとSeamonkeyで3件の脆弱性が見つかった。Mozillaは修正版のFirefoxをリリース済み。

[ITmedia]

 仏セキュリティ機関FrSIRTは11月26日、Mozilla Foundationの「Firefox」ブラウザおよび「Seamonkey」スイートで3件の脆弱性が発見されたと報告した。危険度は4段階中最も高い「Critical」としている。

Mozilla Foundationは危険度「高」のFirefoxの脆弱性を修正した(同社サイトより) Mozilla Foundationは危険度「高」のFirefoxの脆弱性を修正した(同社サイトより)

 1つ目の脆弱性は、不正な形式のデータを処理する際にメモリ破損エラーが生じるというもの。攻撃者がこれを悪用すると、ユーザーをだまして不正なWebページに誘導することで、ブラウザをクラッシュさせたり、任意のコードを実行することが可能になる。

 2つ目の脆弱性は、「window.location」プロパティを設定する際に競合状態が起きることが原因。この脆弱性を悪用すると、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)攻撃を実行できるという。

 3つ目の問題は、「jar:」を処理する際のエラーが原因で起きる。この問題を突かれるとクロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃を仕掛けることが可能になる。Mozillaは既にこの脆弱性を認めている。

 これらの脆弱性はバージョン2.0.0.9以前のFirefoxと、バージョン1.1.6以前のSeamonkeyに影響する。

 Mozillaはこれらの脆弱性を修正したFirefox 2.0.0.10をリリース済み。脆弱性を修正したSeamonkey 1.1.7も近くリリースされるもよう。

関連キーワード

脆弱性 | Firefox | Mozilla | CSRF | セキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -