ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月16日 07時57分 UPDATE

Nokia、ドイツの工場を閉鎖へ――社員2300人に影響

Nokiaが「コスト競争力」を理由にドイツでの端末製造を中止。欧州のほかの地域に製造を移管する。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは1月15日、独ボーフムにある同社工場を2008年半ばまでに閉鎖する計画を発表した。ドイツでの端末製造は終了し、欧州内の他地域の「よりコスト競争力のある」工場に移管する計画だという。

 Nokiaは、同社がボーフム地域に持つ製造関連以外の事業についても閉鎖する意向。自動車向け事業やソフトウェアの研究開発部門の売却を検討中だという。同地域の事業閉鎖に伴い、約2300人の社員が影響を受けるとしている。

 Nokiaは、「ボーフム工場の閉鎖は、当社の長期にわたる競争力を確保するために必要」としている。このリストラに関連する費用については追って発表される予定。

関連キーワード

Nokia(ノキア) | リストラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.