ニュース
» 2008年01月22日 19時26分 UPDATE

Windows Live Messengerが「050」IP電話に OCNと連携

「Windows Live Messenger 2008」を、050番号のIP電話として発信できるサービスが始まった。NTTコムの「OCNドットフォン」と連携させる。

[ITmedia]

 マイクロソフトとNTTコミュニケーションズ(NTTコム)は1月22日、インスタントメッセンジャー「Windows Live Messenger 2008」と、NTTコムのIP電話「OCNドットフォン」を連携させ、メッセンジャーから050番号のIP電話として発信できる「Windows Live Call by ドットフォン」のサービスを始めた。


画像
画像

 1つのWindows Live IDに対して1つの050番号が発行される仕組みで、同じIDでログオンすれば別のPCからでも同じ番号で発信できる。通話料金は、NTTコムのIP電話「ドットフォン」と提携IP電話サービス・計約400万回線向けなら無料。携帯電話や一般加入電話へはドットフォンと同等の料金で、携帯が1分当たり16.8円、加入電話が3分当たり8.4円。このほか「基本サービス料」として月額210円が必要になる。

 発信は、メッセンジャー画面に直接電話番号を入力して行えるほか、アドレス帳に登録された電話番号に発信したり、Webページから電話番号を自動で抽出して発信する――といった仕組みも備えた。

 ただし着信はできない。着信したい場合は「転送・留守番電話サービス」(月額210円)に別途申し込み、かかってきた電話を携帯や加入電話に転送したり、留守番メッセージを受け取ることになる。またオプションとして、番号非通知サービス(月額315円)も利用できる。

 申し込みは、Windows Live Messenger上のリンクからNTTコムのサイトにアクセスして行う。ISPを問わず利用可能だ。

 世界のMicrosoftグループで、他社と連携したIP電話サービスを提供するのは米国(Verizon Communications)、フランス(France Telecom)に次いで3カ国目。マイクロソフトの笹本裕常務は「Windows Liveに付加価値を付けるサービス。今後も、さまざまなパートナーと連携していきたい」と話した。

 また「メッセンジャーの500万ユーザーと、NTTコムのIP電話網を利用する400万ユーザーは10%程度しか重なっていない」(笹本常務)とし、双方のユーザー増に貢献するとみている。

関連キーワード

IP電話 | Windows Live Messenger


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -