ニュース
» 2008年01月22日 20時48分 UPDATE

手のひらにディズニーの魔法を──“ディズニーケータイ”3月1日スタート

「ディズニー・モバイル」が3月1日スタート。ソフトバンクモバイルの3G網をディズニーが借りるMVNO形式だが、端末やコンテンツの開発で包括的に協業する。ターゲットは20〜30代の女性だ。

[ITmedia]
photo ターゲットは20〜30代の女性

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは1月22日、携帯電話サービス「ディズニー・モバイル」を3月1日に開始すると発表した。ソフトバンクモバイルから3G通信網を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)方式だが、端末やコンテンツ開発などで両社が包括的に協業する新しい形態だとしている。第1弾としてシャープ製端末を発売し、20〜30代の女性をターゲットに、オリジナルコンテンツなどの魅力で加入者増を狙う。

 ソフトバンクモバイルの全国のショップや量販店などで販売する。サービス契約はディズニーと結ぶが、アフターサービスなどはソフトバンクショップを通じて行う。一定の時間帯を除きソフトバンクユーザー間の通話が無料になる「ホワイトプラン」など、料金プランもソフトバンクと基本的に同じ。

 メールアドレスのドメインは「@disney.ne.jp」。端末の「D」ボタンを押すとネットに接続でき、ヤフーのサービスをディズニー仕様にカスタマイズして提供する。さらにディズニーが携帯向けに展開している23の公式サイトを追加料金なしで利用できる。

photophoto 「DM001SH」(C)Disney

 端末第1弾は「820/821SH」をベースにした「DM001SH」。2.6インチQVGA液晶ディスプレイと有効200万画素カメラ、ワンセグ視聴機能や音楽プレーヤー機能、FeliCaを搭載したほか折りたたみ式で、表面にはミッキーマウスのシルエットをモノグラムとしてあしらった。メニュー画面や着信画面などはすべてオリジナルデザインを採用している。価格は未定だが、新スーパーボーナスが適用される。

 今後は春、夏、秋/冬の年3回、新端末を投入する計画だ。

photo 孫社長とキャンドランド社長

 都内で開かれた発表会で、ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド社長は「ディズニーマジックをいつでもどこでも体験できるようにしていく。ディズニー・モバイルはDisney全体を成長させる1つの柱になる」と話した。

 米国では昨年いっぱいでMVNO方式による携帯電話サービスから撤退したが、「米国では単独だったが、日本ではソフトバンクとのコラボレーションで違うやり方で展開できる。携帯向けコンテンツサイトを長年運営してきたノウハウもいかせる」と自信をみせた。

 国内では2000年から携帯向け公式サイトの運営を始め、現在は3キャリア合計で88サイト・350万会員を抱えている。携帯サービスの加入者目標は明らかにしなかった。

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長は「私自身も端末を触ってみたが、細部までディズニーの世界観をよく表現できているのでは」と期待した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -