トップ10
» 2008年02月04日 19時51分 UPDATE

auにMNPしたこと、ちょっと後悔しています

先週のアクセストップはドコモの905iシリーズが売れすぎた、という内容。ドコモからauにMNPした記者は最近、ドコモにあこがれている。

[岡田有花,ITmedia]

 先週のアクセストップは、NTTドコモの決算会見の記事。中村維夫社長が、「905i」シリーズの好調な売れ行きについて「正直、ここまで売れると思わなかった」と漏らした。

 記者は、ドコモが「904i」シリーズと「ドコモ2.0」のキャッチコピーを発表した時期にドコモからauにMNPした。ドコモの戦略や端末は精彩を欠き、ドコモ2.0も「ドコモに移転ゼロ」などとやゆされていた当時。「これ以上ドコモを使い続けていてもつまらないだろうな」と思ったからだった。

 今思うと、あと1シリーズ待つべきだった。ドコモは次の「905i」で“全部入り”端末を大量に投入。HSDPAも標準で装備してiモードも高速化した。対するauは、プラットフォーム「KCP+」の遅れもあって魅力ある端末がなかなか出てこず、今春モデルのラインアップも地味な印象。新機能やデザインでユーザーを驚かせていたころのauの勢いが最近は見えず、ドコモの着実な回復に目を見張る。

 auは回線の不安定さも気にかかる。これは記者の端末固有の問題なのかもしれないのだが、メールや勝手サイトを利用する際、なかなかネットワークにつながらず、メールを送ったりサイトを閲覧したりできない――ということがひんぱんにある。パケット定額でそれなりの金額を支払っているだけに悔しい。

 「INFOBAR」など圧倒的な魅力と斬新さでユーザーをひきつけていたころのauは、どこに行ってしまったのだろうか。ドコモにMNPで戻りたいとすら思っている記者なのだが、あと1シリーズ待つべきだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -