ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月13日 14時49分 UPDATE

Mobile World Congress 2008:Yahoo!、携帯向けのソーシャルサービス「oneConnect」発表

Yahoo! oneConnectは複数のIMやSNSを統合した、携帯でのコミュニケーションのポータルとなるサービス。

[ITmedia]
yu_yahoo.jpg アドレス帳に友だちのステータスや行動が表示される

 米Yahoo!は2月12日、Mobile World Congress 2008において、携帯端末向けコミュニケーションサービス「Yahoo! oneConnect」を発表した。「ソーシャルな」アドレス帳にインスタントメッセージング(IM)、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、メールを統合するモバイルサービスという。

 Yahoo!は昨年モバイル向け検索サービス「Yahoo! oneSearch」を立ち上げた。現在このサービスは29のキャリアに採用され、6億人以上の携帯電話加入者をカバーしている。Yahoo! oneConnectはこうしたモバイルコミュニケーションをさらに拡充するものだとしている。

 Yahoo! oneConnectのソーシャルアドレス帳はネットワークと常に同期し、アドレス帳に記載した友だちのステータスやSNSや写真共有サイトでの行動を知らせてくれる。また、対応するIMサービス、メールサービスのメッセージ受発信を、すべてoneConnectから行うことができる。

 対応するサービスは、SNSではMySpace、Facebook、Bebo、Twitter、Flickr、LinkedInなど。IMではYahoo! Messenger、Google Talk、AOL Instant Messenger、MSN Messenger。メールサービスではYahoo! Mail、MSN Hotmail、Gmail、AOL Mail。

 また、データ同期化ソフトのウィジェット版の開発に向けて米DataVizと交渉を進めている。DataVizのアプリケーション「RoadSynch」と「Documents To Go」をウィジェット化し、Microsoft ExchangeのメールとMicrosoft OfficeのドキュメントをoneConnectで表示できるようにする計画だ。

 Yahoo! oneConnectは2008年第2四半期に、Yahoo! Go 3.0とYahoo!の新しい携帯向けホームページでリリースの予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.