ニュース
» 2008年02月14日 21時32分 UPDATE

「ウイルスバスター」パターンファイルに不具合

「ウイルスバスター」シリーズで、13日午前0時ごろ配布したパターンファイルを適用した際に、ウイルス検索に時間がかかり、検索が止まったかのように見える不具合があった。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは2月14日、同社のセキュリティソフト製品「ウイルスバスター」シリーズで、13日午前0時ごろ配布したパターンファイル「4.995.00」を適用した際に、ウイルス検索に時間がかかり、検索が止まったかのように見える不具合があったと明らかにした。

 対象は個人向け「ウイルスバスター」、企業向け「ウイルスバスター コーポレートエディション」など、パターンファイル「4.995.00」を適用した全製品。不具合を修正した「4.997.00」を13日午前6時40分ごろ公開しており、アップデートするよう呼び掛けている。

 問題があったパターンファイルには、「ダウンローダー型」と呼ばれる未知のマルウェアを、ふるまいから検知する新機能が含まれていたが、この機能に問題があり、演算時間が想定をオーバーするケースがあったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -