ニュース
» 2008年02月28日 20時12分 UPDATE

ミューチップとホログラムを一体化 商品管理と偽造防止を1枚で

ミューチップを埋め込んだホログラムを、日立と凸版などが世界で初めて開発した。1枚で、商品の流通管理と偽造防止が可能だ。

[ITmedia]
画像 バラのデザインのICホログラム

 凸版印刷、日立製作所、日立化成工業は2月28日、極小ICチップ「ミューチップ」を埋め込んだホログラム「ICホログラム」を世界で初めて開発し、3月4日に発売すると発表した。ミューチップによる商品管理と、ホログラムによる偽造防止が1枚で可能になる。ブランド品や医薬品、化粧品メーカーなど、偽造品が問題になっている業界向けに売り込む。

 凸版印刷のホログラム「クリスタグラム」(薄さ0.05ミリ)にミューチップ(0.4ミリ角・薄さ0.045ミリ)を埋め込んだ。実装には、日立化成工業の技術を活用した。


画像 ミューチップリーダーにICホログラムをかざすと、記録されたIDを読み取る

 ミューチップのIDを商品情報とひもづけ、商品管理に活用しながら、特殊な技術で印刷したホログラムで偽造を防ぐ。ホログラムには、無理にはがそうとするとフィルムだけがはがれる「脆弱加工」も施した。

 アルミ蒸着部分はミューチップ電波の送受信用アンテナも兼ねるため、別途アンテナを用意する必要がない。アンテナとして機能させるためにある程度の大きさが必要になるため、最小サイズは20×25ミリ。最小サイズでの通信可能距離は約20ミリ。


画像 指先についた小さな粒がミューチップ

 アルミ蒸着部分を部分的に取り除くことができる「ディメタ加工」も施した。四角いホログラムだけでなく、バラ型や雪の結晶型など、商品パッケージに合わせたさまざまなデザインが可能だ。

 出荷は9月中旬の見込み。価格は1枚当たり50円。2010年度までに月産1000万枚を目指し、1枚当たりの価格も30円まで下げたい考えだ。売り上げ目標は、2008年度で3億円、2010年度までに40億円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -