ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月12日 08時53分 UPDATE

Intel、低コストで遠隔地を結ぶ無線ソリューションを実用化へ

孤立した集落など遠隔地をワイヤレスにつなぐIntelの新システムが、年内に実用化される見通しだ。

[ITmedia]

 米Intelは3月10日、遠隔地にワイヤレスでインターネット通信を提供する「Intel Rural Connectivity Platform」(Intel RCP)の試験運用が順調であることを明らかにした。年内の実用化を目標にしているという。

 Intelの研究部門の1つであるIntel Research Berkeleyで開発されたIntel RCPは、現在カリフォルニア大学バークリー校を始め、ベトナム、インド、南アフリカ、パナマで実験されている。

intel PCに内蔵するアンテナ

 Intel RCPは、ライセンス不要の周波数帯を利用した長距離無線ソリューション。無線LAN標準802.11のMACレイヤーを利用し、視界を遮るものがなければ、直線距離で最高100キロまで届くという。山岳地帯などでも、基地局とエンドポイントとの接続を維持することができる。

 インドでの実験では、Aravind Eye Hospitalが動画のやり取りによる眼の診断を実施。またパナマでは、熱帯雨林のなかの孤立した村にインターネットを提供している。

関連キーワード

Intel | インド | 無線LAN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.