ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月26日 09時11分 UPDATE

ルネサス、北京拠点を世界最大級のマイコン後工程工場に

ルネサステクノロジはマイコン生産能力拡大に向け、約40億円を投じて北京の後工程工場に新棟を建設する。

[ITmedia]

 ルネサステクノロジは3月25日、マイコン生産能力拡大に向け、中国・北京の半導体後工程工場に約40億円を投じて新棟を建設すると発表した。2008年度中の稼働を予定。4年後の生産個数は現在の倍となる月産1億個を見込み、マイコン後工程拠点としては世界最大級となる。

 中国のマイコン市場強化と、ボリュームゾーン製品の海外生産シフトの一環。新棟は北京のRenesas Semiconductorに建設し、生産面積は現在の1万8000平方メートルから2万9000平方メートルに拡張する。蘇州拠点と合わせた現在の生産能力は月産7000万個だが、2012年度には月産1億4000万個に引き上げる計画だ。

関連キーワード

ルネサステクノロジ | 中国 | 半導体


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.