ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月27日 08時59分 UPDATE

日立、横浜に環境配慮型データセンターを建設

日立が横浜市のデータセンターを拡張し、3棟目となる新センターを建設する。世界最高水準の環境配慮型データセンターになるという。

[ITmedia]

 日立製作所は3月26日、横浜市のデータセンターを拡張し、3棟目となる新データセンターを建設すると発表した。4月に着工し、来年7月からサービスを始める予定。消費電力を2割削減するなど、世界最高水準の環境配慮型データセンターになるとしている。

photo 完成イメージ

 地上7階建て・延べ床面積1万782平方メートルと同社グループ最大規模のセンター。高効率設計の空調設備「FMACS-V」などを導入するほか、IT機器の配置の最適化などで消費電力量を20%削減。さらに省電力機器の導入などで、12年までに現状設備(1号棟)と比べ消費電力量の半減を目指す。

関連キーワード

データセンター | 日立製作所 | 省電力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.