ニュース
» 2008年04月01日 09時12分 UPDATE

エイプリルフールでもやっぱりマルウェア感染、スパムが出回る

「Happy April Fool's Day!」などの件名でマルウェア感染サイトに誘導するスパムが出回っている。

[ITmedia]

 4月1日のエイプリルフールに便乗し、Stormマルウェアに感染させようとするスパムメールが出回っている。セキュリティ各社がブログなどで注意を促した。

 今回のスパムメールは「Happy April Fool's Day!」「All Fools' Day」など、エイプリルフールやジョークをテーマにした件名で届く。本文にはほとんどの場合、数字ばかりのIPアドレスを使ったリンクが記載されている。

aprstorm.jpg いかにも怪しい画像が添付されている(F-Secureブログから)

 McAfeeによれば、リンク先のサイトでは「funny.exe」というファイルを自動的にダウンロードしようとするほか、画像をクリックすると「kickme.exe」、「click here」(ここをクリック)のリンクをクリックすると「foolsday.exe」というファイルがダウンロードされる。いずれもStormマルウェアの亜種に感染させる悪質ファイル。

 F-Secureによると、これまでのところこのサイトには、脆弱性を悪用するエクスプロイトコードは仕掛けられていない。しかしいつ状況が変わってもおかしくないとして、この手のメールを受け取ってもリンクをクリックしてはいけないと呼びかけている。

関連キーワード

マルウェア | スパム | Storm Worm


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -