ニュース
» 2008年04月03日 12時16分 UPDATE

Google、DoubleClickのSEM事業売却

「検索と広告において客観性を維持するため」、検索エンジンマーケティング事業を売却する。

[ITmedia]

 米Googleは4月2日、先月買収したDoubleClickの検索エンジンマーケティング(SEM)事業を売却すると発表した。

 同社はDoubleClickの買収を完了した後、製品や事業の統合を進めている。その一環として、オンラインマーケティングを手掛けるPerformics部門をアフィリエイトマーケティング事業とSEM事業に分割することを決定した。アフィリエイトマーケティング事業は既存のGoogleの事業と統合し、SEM事業は売却する。

 売却の理由として、Googleは「検索と広告において客観性を維持するため」と説明している。SEMは、コンテンツを最適化して検索順位を上げるなど、検索エンジンからWebサイトへのトラフィックを拡大するためのマーケティング手法。Googleはこのような手法を過度に用いたWebサイトに対し、検索結果から削除するというペナルティを科している。

 Googleは、SEM事業の売却先は決まっていないが「提携先からかなりの関心が寄せられている」としている。

 Googleは先に、DoubleClickの人員削減を明らかにした。同社は人数を公表していないが、米各紙は2日、関係筋の話として、DoubleClickの米国の従業員1200人の4分の1に当たる約300人がレイオフされると報じた。

関連キーワード

Google | DoubleClick | 買収 | SEM | 検索エンジン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -