ニュース
» 2008年04月04日 08時21分 UPDATE

MS、低価格PC向けWindows XPのOEM販売期間を延長

Microsoftが低価格モバイルPC(ULCPC)向けのWindows XP HomeのOEM販売期間を2010年6月末まで延長することを明らかにした。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月3日、ULCPC(ultra low-cost personal computer)と呼ばれる低価格モバイルPC向けのWindows XP Homeエディションに限り、OEM販売期間を2008年6月30日から2010年6月30日もしくは次期Windows発売の1年後まで延長すると発表した。OEMパートナーや顧客からの強い要望に応えるためという。

 同社Windows Client Product Managementのジェネラルマネジャー、マイケル・ディックス氏によると、ULCPCは初めてPCを購入するユーザーや、メインのPCを補完したいユーザー向けで、一般のノートPCよりも手ごろな価格ではあるが、プロセッサの処理速度が低い。そのため現行のULCPC向けのOSとしては、機能が豊富でセキュアだが高価格なWindows Vistaよりも、Windows XP Homeの方が効果的なソリューションだと判断したという。

 ただし販売期間を延長するのはULCPC向けのみで、そのほかのエディションについては予定通り2008年6月30日で終了するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -