ニュース
» 2008年04月10日 08時13分 UPDATE

世界ITランキング、日本が19位に転落

世界経済フォーラムが発表したランキングでは、前回同様デンマークがトップ。日本は前回14位から19位にランクを下げた。

[ITmedia]

 世界経済フォーラムは4月9日、世界各国の情報通信技術(ICT)整備度を評価した「2007〜2008年世界ITリポート」を発表した。首位はデンマーク、2位はスウェーデンで、いずれも前回調査時の順位を維持。日本は19位で、前回の14位から順位を落としている。

 今年で7回目となるこのリポートは、過去最多となる127の国や地域が対象。トップ10では、3位のスイス(前回5位)、4位の米国(同7位)、9位の韓国(同19位)が前回からランクを上げたのが目立つ。同フォーラムは、「教育やイノベーションに早くから焦点を当てることと、ICTの重要性に対する政府の一貫したビジョンが、持続的な成長への基礎を築く上での鍵」とコメント。ランキング上位の各国の成功が、それを裏付けているとしている。

 ランキングは、NRI(Networked Readiness Index)という指標を使用。各国・地域のICT整備度を、ビジネス全般および規制面、インフラ面などの「環境」、個人や企業、政府によるICTへの「準備度」、最新技術の実際の「利用状況」の3つの視点から評価した。

世界ITランキングベスト30
順位 国/地域
1 デンマーク
2 スウェーデン
3 スイス
4 米国
5 シンガポール
6 フィンランド
7 オランダ
8 アイスランド
9 韓国
10 ノルウェー
11 香港
12 英国
13 カナダ
14 オーストラリア
15 オーストリア
16 ドイツ
17 台湾
18 イスラエル
19 日本
20 エストニア
21 フランス
22 ニュージーランド
23 アイルランド
24 ルクセンブルク
25 ベルギー
26 マレーシア
27 マルタ
28 ポルトガル
29 アラブ首長国連邦
30 スロベニア
(資料:World Economic Forum)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -