ニュース
» 2008年04月16日 10時45分 UPDATE

iPhone向けVoIPアプリ「fring」登場

iPhoneで通話料金が安価、あるいは無料のVoIP通話やチャットが可能になるアプリケーションが登場した。

[ITmedia]

 新興企業の米fringは4月15日、同社のモバイルVoIPアプリケーションfringがiPhone対応になると発表した。プレリリース版が同社のサイトからダウンロードできる。ただし、現時点ではjailbreakされたiPhoneのみにインストール可能。iPhoneのWi-Fi機能を利用して、ほかのfringユーザーとのVoIP通話やチャットが楽しめるほか、Skype、MSN Messenger、Google Talk、ICQ、Twitter、Yahoo! Chat、AIMも利用できる。

koya_fring2.jpgkoya_fring.jpg 複数のチャットやVoIPの設定を行うCommunications Setup画面(左)、SIP、SkyeでのVoIPが可能なDialer画面(右)

 fringは既に、Symbian 8/9.1/9.2、Windows Mobile 5/6、UIQ搭載機に対応している。プレリリース版へのフィードバックを反映させ、年内にiPhone版の正式版をリリースする計画という。

 fringでは、AIMやMSNなどの複数のアカウントのコンタクト先を、1つのコンタクトリストに統合し、一括管理できる。また利用可能なWi-Fiホットスポットの圏内に入ると、以前に利用したことがあれば、自動的にログインする機能も装備する。

関連キーワード

iPhone | VoIP | Wi-Fi


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -