ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月18日 06時46分 UPDATE

Google増収増益、広告クリック数も増加

Googleの1〜3月期決算は、売上高は前年同期比42%増、純利益は30%増と、引き続き好調だった。

[ITmedia]

 米Googleが4月17日発表した第1四半期(1〜3月期)決算は、売上高は前年同期を42%、前四半期を7%上回る51億9000万ドル、純利益は前年同期比30%増の13億1000万ドル(1株当たり4.12ドル)だった。この数字には買収したDoubleClickの業績(3月11日分以降)も含まれるが、大きな影響はないという。

 トラフィック獲得コスト(TAC)は14億9000万ドルで、広告収入に対する比率は29%だった。

 売上高のうち、Google直営サイトからの収入は34億ドルで、前年同期比49%増、前四半期と比べても9%増。AdSenseプログラムを通じたパートナーサイトからのネットワーク収入は16億9000万ドルで、前年同期比25%増、前四半期比で3%増だった。米国外からの収入は26億5000万ドルで、売上高全体に占める比率は51%で、前年同期の47%、前四半期の48%を上回った。

 直営サイトおよびパートナーサイトでのペイドクリック(広告クリック)数は、前年同期と比べて20%、前四半期と比べて4%増加したという。同四半期末時点の正社員数は世界で1万9156人で、前四半期末時点から2351人増加。うち約1500人はDoubleClick買収によるものだが、4月初めにその10%程度を解雇したとしている。

関連キーワード

Google | 決算 | DoubleClick


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.