ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年04月28日 09時06分 UPDATE

シャープ、6年ぶり営業減益

シャープの前期は、営業利益が前期比1.5%減の1836億円と6年ぶりの減益に。サブプライムローン問題などが影響し、欧米で液晶テレビ販売が伸び悩んだ。

[ITmedia]

 シャープが4月25日発表した2008年3月期の連結決算は、営業利益が前期比1.5%減の1836億円と6年ぶりの減益になった。米国のサブプライムローン問題などが影響し、欧米で液晶テレビ販売が伸び悩んだ。

シャープの株価チャートシャープの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 売上高は9.3%増の3兆4177億円、純利益は0.2%増の1019億円と過去最高を更新した。

 液晶テレビ販売台数は825万台。前期から37%伸びたが、目標に掲げた900万台は達成できなかった。

 今期の連結業績予想は、売上高が3兆6000億円(5.3%増)、営業利益は1950億円(6.2%増)、経常利益は1750億円(3.9%増)、純利益は1050億円(3.0%増)。液晶テレビ販売目標は1000万台。

関連キーワード

シャープ | 液晶テレビ | AQUOS | 決算


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.