ニュース
» 2008年05月01日 16時58分 UPDATE

Adobe、「Open Screen Project」でFlashをオープンに

Adobeは一貫したFlash実行環境を実現するため、SWF仕様の制限を廃し、APIやプロトコルを公開し、ライセンス料を撤廃する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは5月1日、Flash技術をオープンにして、PCやテレビなどさまざまなハードでFlashコンテンツを利用できる環境を作る「Open Screen Project」を発表した。

 このプロジェクトは、PC、携帯電話、家電など各種機器の間で一貫したFlash Playerランタイム環境を実現することを目指す。これにより、開発者やデザイナーはハード別に調整を加えなくても、さまざまな種類のハード向けにFlashコンテンツを提供できるようになる。Flashに加え、今後Adobe AIRにも対応予定。

 同プロジェクトではFlash技術のオープン化を進めるため、SWFおよびFLV/F4V仕様の使用制限を撤廃し、Adobe Flash Playerのデバイス移植レイヤーAPI、 Adobe Flash Castプロトコル、AMFプロトコルを公開する。またライセンス料を廃し、デバイス向けFlash PlayerとAdobe AIRの次期メジャーリリースを無料にする。

ah_openscreen.jpg

 Open Screen Projectには、ARM、Chunghwa Telecom、Cisco、Intel、LG Electronics、Marvell、Motorola、Nokia、NTTドコモ、QUALCOMM、Samsung Electronics、Sony Ericsson、東芝、Verizon Wirelessが参加する。BBCやMTV Networksなどのコンテンツ制作会社もこのプロジェクトを支持しているという。

関連キーワード

Flash | Adobe Systems | API | Adobe AIR(Apollo)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -