ニュース
» 2008年05月08日 08時06分 UPDATE

NASA、次世代スーパーコンピュータでIntelおよびSGIと協力

最大処理能力1ペタFLOPSのシステムを2009年までに、10ペタFLOPSのシステムを2012年までに共同開発する計画。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)と米Intel、米SGIは5月7日、NASAのスーパーコンピュータの性能向上に向け、協力することで合意したと発表した。

 合意により3者は、NASAエイムズ研究所のNASA Advanced Supercomputing(NAS)施設でのモデリングおよびシミュレーション能力向上のためのプロジェクト「Pleiades」で協力。2009年までに最大処理能力が現在の16倍に上る1ペタFLOPS(ペタFLOPS:毎秒1000兆回の演算処理)のシステムを、2012年までにその10倍の10ペタFLOPSのシステムを開発する計画。

 NASAは「こうした性能増強は、われわれが画期的な科学的発見を行うのに必要なものだ」としている。

関連キーワード

NASA | スーパーコンピュータ | SGI | Intel


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -