ニュース
» 2008年05月16日 09時13分 UPDATE

件数、深刻度を比較:「XP SP2よりVistaの方がメリットあり」――MSが脆弱性比較

MicrosoftがVistaとXP SP2の脆弱性比較報告書を発表。担当者いわく「Windows XP SP2に比べてWindows Vistaの方がメリットがあることが分かった」という。

[ITmedia]

 米Microsoftは、Windows VistaとWindows XP SP2の脆弱性件数を比較した報告書を公開した。今年1月に発表したVistaのセキュリティ報告書に続き、XPと比べたVistaの優位性を説く内容になっている。

 今回は2007年に公開されたVistaとXP SP2の脆弱性情報件数を比較した。その結果、VistaはXP SP2に比べてセキュリティ情報の公開件数が30%少なく、脆弱性の件数も20%少なかった。深刻度「緊急」「重要」レベルの脆弱性に限るとVistaの方が28%少ないという。

 Microsoftのセキュリティ技術部門戦略ディレクター、ジェフ・ジョーンズ氏はブログでこの内容を紹介し、「Windows XP SP2に比べてWindows Vistaの方がメリットがあることが分かった」と記している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -