ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2008年07月09日 20時25分 UPDATE

JRC、音楽配信データ標準化団体に加入 国内事業者初

音楽著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランスは、音楽配信データの国際的な標準化団体「Digital Data Exchange LLC」(DDEX)に、国内事業者として初めて加入した。

[ITmedia]

 音楽著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)はこのほど、音楽配信データの国際的な標準化団体「Digital Data Exchange LLC」(DDEX)に、国内事業者として初めて加入したと発表した。

 DDEXは、曲名やアーティスト名、権利情報といったデータの国際的な標準規格策定を目指す団体で、レコード会社や音楽の権利者団体、配信事業者、IT企業などで構成。米Appleや、Microsoft、RealNetworks、EMI Music、SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTなどが設立会員として参加している。

 JRCは設立当初から、楽曲利用データの透明性・正確性を追求してきたという。「DDEX加入によって国際的な音楽配信マーケットの課題や可能性を把握、議論しながら、より正確な使用料の分配と、使用許諾でのデータのやり取りの効率化を進めていく」としてる。

関連キーワード

音楽配信 | 国際標準


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.