ニュース
» 2008年07月14日 09時03分 UPDATE

Safariの脆弱性に対処:Apple、iPhoneなどのソフトウェアを更新

iPhone 2.0とiPod touch 2.0では13件の脆弱性に対処。コード実行やXSS攻撃などの危険を招くSafariの脆弱性も修正された。

[ITmedia]

 米Appleは7月11日、iPhoneとiPod touchの脆弱性を修正するソフトウェアアップデートを公開し、Safariブラウザなどの深刻な脆弱性に対処した。iPhone 1.0〜1.1.4とiPod touch 1.1〜1.1.4が対象となる。

 アップデート版のiPhone 2.0とiPod touch 2.0では13件の脆弱性に対処した。このうち8件はSafariブラウザに存在する。悪用された場合、細工を施したWebサイトをユーザーが閲覧すると、攻撃者が情報を盗み出したりクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛ける、任意のコードを実行することなどが可能になる。

 残る5件の脆弱性はCFNetwork、カーネル、WebKitに存在する。

 また、Appleは同日、開発ツールセットXcodeのセキュリティ問題に対処したXcode tools 3.1も公開した。こちらはMac OS X 10.5.xが対象となる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

iPhone | 脆弱性 | iPod | iPod touch | Apple | Safari | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -