ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年07月15日 18時48分 UPDATE

15のコンテンツイベント集めた「コ・フェスタ」、表参道から情報発信

「東京ゲームショウ」などコンテンツ関連のイベントを集めた「コ・フェスタ」。2回目の今年は東京・表参道から世界のバイヤーに情報発信していく。

[宮本真希,ITmedia]
画像 メインキャラクターの役所広司さん(右)と、2008イメージキャラクターの杏さん

 ゲーム、アニメ、漫画、映画などコンテンツ関連のイベントを集めた「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」(コ・フェスタ)が9月30日から開かれる。今年は総合センターを東京・表参道に設置。約1カ月間に開かれる15のイベントの情報などを1カ所に集約して発信することで、各イベントに連帯感を持たせる。

 コ・フェスタは、日本製コンテンツの海外発信を目指し、経済産業省が音頭を取って昨年初めて実施。今年は「CEATEC JAPAN 2008」(9月30日〜10月4日)を皮切りに、「東京ゲームショウ 2008」「第21回東京国際映画祭」など15のイベントを29日間にわたって開催。同時期にイベントをまとめ、海外のバイヤーに一度に多くのコンテンツに触れられる機会を提供する狙いだ。

 今年のコンセプトは「あたらしい人間主義=ニューヒューマニズム」。「環境や福祉、医療、教育がビジネストとして成立しなくてはならない時代、コンテンツや文化も新しいビジネスモデルを提示しなくてはならない。日本発のコンテンツ産業の新ビジネスモデルを確立する」としている。

 重延浩エグゼクティブプロデューサー(テレビマンユニオン会長)は「コ・フェスタでは、1年目は新しい、2年目は面白い、3年目は素晴らしい展開構想を掲げている。2年目の今年は、漫画やアニメなど各ジャンルで面白いことが生まれているということをアピールしていきたい」と話す。

表参道に情報拠点

 昨年は40日間の期間中に合計約80万人を動員したが、実行委員会の松谷孝征副委員長(日本動画協会理事長)は「1つ1つのイベントのつながりがなかった気がした」、重延エグゼクティブプロデューサーは「国際交流にまで手が回らなかった」と反省点を挙げる。

 今年はイベントの総合インフォメーションセンターを東京・表参道に設置。情報を1カ所に集約して発信することで各イベントに連帯感を持たせるという。

 コ・フェスタのシンボルとなる「メインキャラクター」は今年も俳優の役所広司さんが務める。新たにイメージキャラクターとして、俳優・渡辺謙さんの娘で、海外のコレクションでも活躍するモデルの杏さんが選ばれた。

 役所さんは「多彩なコンテンツや才能がある人を紹介できるのは素晴らしいチャンス」とPR。3年前から海外で活動をしている杏さんは「海外で日本の注目度が日を追うごとに高まっているのを感じていた。日本の中と外から、日本のコンテンツの素晴らしさを発信していきたい」と意気込んだ。

 オフィシャルイベントは以下の通り

イベント 開催日時 概要
CEATEC JAPAN 2008 9月30日〜10月4日 エレクトロニクス・IT関連の見本市
東京ゲームショウ 2008 10月9日〜12日 ゲーム機やソフト、オンラインゲームなどの総合展示会
日本ゲーム大賞 2008 10月9日〜12日 2008年を代表する優れたゲームを選んで表彰
第5回東京アジア・ミュージックマーケット 10月14日〜17日 日本のアーティストがライブなどを行い、海外のコンテンツバイヤーに日本の音楽を紹介
ジャパン・アニメコラボ・マーケット 2008 10月16日〜18日 アニメキャラクターの商品化アイデアを紹介する展示会
第21回東京国際映画祭 10月18日〜26日 「コンペティション部門」など5部門で映画を上映し、受賞作を選ぶ。今年は環境をテーマにした作品を選ぶ「エコロジー大賞」も創設
秋葉原エンタまつり 200810月18日〜26日 漫画やアニメに関連したイベントやシンポジウムを開催
第25回ATP賞テレビグランプリ 2008 10月21日 現役のプロデューサーやディレクターが審査員となり、優れたテレビ番組を選ぶ
TIFFCOM 2008〜アジア・パシフィック・エンタテインメント・マーケット 10月22日〜24日 映画、アニメ、ゲームなどのコンテンツの見本市。製作者と投資家のマッチングの場も提供
国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2008 10月22日〜24日 海外のコンテンツバイヤーに日本のドラマを紹介
第35回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール 10月22日〜28日 教育に関連したテレビ番組やゲーム、Web サイトの中から優れたコンテンツを選ぶ
デジタルコンテンツEXPO 2008 10月23日〜26日 3Dに関する国際イベント「国際3DFair 2008」や、CGに関するイベント「ASIAGRAPH 2008」などを通じて、デジタルコンテンツの技術を紹介
東京コンテンツマーケット2008 10月27日〜28日 映画、アニメ、ゲームなどのコンテンツの見本市。若手クリエイターなどを発掘し、企業とのマッチングなどを行う
第5回文化庁映画週間−Here&There 未定 文化記録映画を紹介
ジャパン・ロケーション・マーケット 2008 未定 映画製作者に日本のロケ地を紹介し、マッチングを行う

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.