ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年07月25日 08時13分 UPDATE

深刻度は「中」:Thunderbirdのアップデート版公開、複数の脆弱性に対処

Thunderbird 2.0,0.16では8件の脆弱性に対処。Firefoxと共通する脆弱性も修正された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは7月23日、多機能メールソフトThunderbirdの脆弱性を修正したアップデート版の2.0.0.16をリリースした。ユーザーに対し、できるだけ早期の導入を呼び掛けている。

 Mozillaのアドバイザリーによると、Thunderbird 2.0.0.16では8件の脆弱性に対処した。このうち6件が深刻度「中」、2件が「低」レベルとなっている。

 CSS参照カウンタのオーバーフローによるリモートコード実行の脆弱性(MFSA 2008-34)は、先にリリースされたFirefox 3.0.1でも修正された問題。ThunderbirdはブラウザエンジンをFirefoxと共有しており、メッセージのプレビューでJavaScriptが有効になっている場合に影響を受ける。なお、デフォルトではJavaScriptは無効になっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.