ニュース
» 2008年07月30日 08時42分 UPDATE

Microsoft、学術研究支援ツールを発表

Microsoftは、研究者向けワークスペースやオンライン論文公開サービスなど、研究者支援のためのツールを提供する。

[ITmedia]

 米Microsoftの研究部門Microsoft Researchは7月28日、学術研究者向けの一連のツールを年次イベントMicrosoft Research Faculty Summitで発表した。

 これらのツールはMicrosoftが学術研究者と協力して開発したもので、研究者が「データ収集、研究、分析」「執筆」「公開」「保存」のサイクル全体でシームレスにデータを公開、保存、共有できるようにすることを目指している。以下のツールがMicrosoftのサイトから無料で入手できる。

  • Article Authoring Add-in for Word 2007:科学論文や技術論文で使われるNLM XMLフォーマットでWordファイルを開いたり、保存したりできる。
  • Creative Commons Add-in for Office 2007:クリエイティブ・コモンズライセンスを直接Officeファイルに埋め込むことができる。
  • Microsoft e-Journal Service(α版):オンラインで簡単に論文を公開できるホスティング型サービス。
  • Research Output Repository Platform(α版):論文や研究データ、講義などの学術資料を関連付けて活用する手助けをする。
  • Research Information Centre(β版):大英図書館と共同開発したオンラインワークスペースで、Microsoft Office SharePoint Server 2007経由でホスティングされる。研究者は研究資金を募ったり、情報を集めたり、データや論文を管理することなどができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -