ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年08月05日 10時40分 UPDATE

ユリ・ゲラー氏、「超能力検証ビデオ」の著作権問題で和解

ユリ・ゲラー氏が著作権侵害を理由にYouTubeの「超能力検証ビデオ」を削除させた問題で、ビデオ投稿者と和解した。

[ITmedia]

 YouTubeに投稿された「超能力検証ビデオ」をめぐる訴訟で、スプーン曲げで知られるユリ・ゲラー氏とビデオ投稿者が和解した。電子フロンティア財団(EFF)が8月4日に明らかにした。

 この訴訟は、EFFとビデオ投稿者がゲラー氏を相手取って昨年5月に起こしたもの。ゲラー氏は、Rational Response Squadという団体がYouTubeに投稿した検証ビデオにテレビ番組が含まれていたことから、著作権を侵害しているとしてYouTubeに削除を要請した。YouTubeはビデオを削除し、投稿者のYouTubeアカウントは一時停止された。

 だがEFFは、13分のビデオのうち、ゲラー氏が著作権を有しているとされる部分はわずか3秒間であり、これは批評のための公正使用にあたると主張、YouTubeに削除を要請したゲラー氏の行為は米デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反だと訴えていた。

 今回の和解で、ゲラー氏の会社は、問題の映像を非営利用途に対してクリエイティブ・コモンズライセンスの下で提供することと、和解金の支払いに同意した。和解金の額は明らかにされていない。

 「この和解で、超能力の存在に関する健全な議論が妨害を受けることなく続けられるようになるはずだ」とEFFは述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.