ニュース
» 2008年08月12日 13時56分 UPDATE

ネットワークへも侵攻:グルジアの紛争、サイバー戦争に発展か

悪名高いロシアのISP、Russian Business Networkがグルジアにサイバー戦争を仕掛けたとセキュリティ研究者が伝えた。

[ITmedia]

 グルジアの南オセチア自治州をめぐるロシアとグルジアの武力衝突が、サイバースペースにも波及したもようだ。ロシアのISP、Russian Business Network(RBN)の動向を監視しているセキュリティ研究者がブログで状況を伝えた。

 RBNは、マルウェアや悪質サイトをホスティングしているとして悪名高いISP。研究者は8月9日付のブログで、RBNがグルジアにサイバー戦争を仕掛けていると伝えた。

 グルジアにある多数のインターネットサーバが7日夜以降、外部からコントロールされ、RBNの制御下にあるサーバへトラフィックがリダイレクトされる状態になっているという。

 現在、グルジア政府のサイトが米国や欧州などからアクセスできない状態になっているとセキュリティ研究者のブログは伝えている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

ISP | ロシア | サイバー攻撃


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -