ニュース
» 2008年08月21日 08時12分 UPDATE

Opera 9.52が公開、深刻な脆弱性に対処

任意のコード実行やXSSの脆弱性など、7件の問題が修正された。

[ITmedia]

 Operaブラウザの深刻な脆弱性に対処したアップデート版の「Opera 9.52」が8月20日、リリースされた。Windows、Mac、Linuxなどの各OSに対応している。

 Windows版の変更履歴によると、Opera 9.52では7件のセキュリティ問題に対処した。このうち「極めて重大」とされる脆弱性では、Operaが特定プロトコルのハンドラとして登録されている場合、外部アプリケーションによって起動させられてクラッシュし、任意のコードが実行される恐れがある。

 また、Webサイトでほかのサイトのフレームのアドレスを変更できてしまう脆弱性や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性も修正された。XSSの脆弱性に関するアドバイザリーは、まだ公開していない。

 セキュリティ以外にも、ユーザーインタフェースやメール、ニュース、チャット機能などに関して多数のバグ修正や機能強化を盛り込んでいる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Opera | 脆弱性 | XSS | バグフィックス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -