ニュース
» 2008年08月26日 07時52分 UPDATE

Firefox 3.1向け新JavaScriptエンジン「TraceMonkey」発表

近くリリースが予定されるFirefox 3.1に採用の新JavaScriptエンジン、「TraceMonkey」が発表された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは8月23日、次期ブラウザFirefox 3.1(コードネーム「SHIRETOKO」)に採用する新しいJavaScriptエンジン「TraceMonkey」を発表した。Mozilla Corporationのブレンダン・アイクCTO(最高技術責任者)が公式ブログで明らかにした。

 TraceMonkeyはJITコンパイラ搭載で、JavaScriptの処理速度を大幅に向上。現行のJavaScriptエンジンSpiderMonkeyを搭載したFirefox 3.0と、TraceMonkey搭載の同3.1とを各種ベンチマークテストで比較したところ、SunSpiderによるテストでは総合で約1.83倍、ubenchテストで22.5倍、画像処理で6.46倍、行列処理で6.26倍の処理速度向上が認められたという。

 TraceMonkeyの現在の対応アーキテクチャはx86、x86-64とARM。PCだけでなく、ARMプロセッサ搭載のモバイル機器にも対応する。

関連キーワード

Firefox | Mozilla | JavaScript | ARM | x86


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -