ニュース
» 2008年08月28日 08時23分 UPDATE

MS、IE 8 β2をリリース

タブをグループ分けして整理できる「タブグループ」、地図やメール、ブログなどのサービスをページから直接表示できる「アクセラレータ」など、β2では幾つかの新機能が提供されている。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月27日、Internet Explorer 8(IE 8) β2をリリースした。Microsoftのサイトからダウンロードできる。英語版に加え、日本語、中国語(簡体字)、ドイツ語で提供されている。そのほかの言語についても近く公開する予定。Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2003、同2008版が用意されている。

 β2ではタブ機能を強化。1度閉じたタブ(またはセッション)を再び開くことができる。また複数のWebページを閲覧するとき、タブグループ機能によってタブ同士を関連付け、関連タブのセットをグループとして閉じることが可能になった。関連するタブは色分けされるため、視覚的に簡単に識別できる。またLoosely-Coupled IE(LCIE)によって、タブからフレーム(アドレスバー、バックボタンなど)を分離したりタブを個別に分離することで、クラッシュの影響を最小限に抑えられるようにした。

tab groups

 「Smart Address Bar」に文字を入力すると、お気に入り、閲覧履歴、RSSフィードから、関連のありそうな項目が候補として挙げられるため、Webサーフィンがより効率的に行えるという。

 「アクセラレータ」は、β1では「Activities」と呼ばれていた機能で、地図、Web 検索、翻訳、メール、ブログ、その他の情報への迅速なアクセスを提供する。ページ上の単語やフレーズを選択状態にして、青いアクセラレータのアイコンをクリックするだけで、直接サービスの利用が可能。例えば、あるページに載っている住所の場所を知りたい場合、住所を選択状態にして、地図のアクセラレータをクリックすれば、その場所の地図がページを移動しないで表示される仕組み。

accelerators

 「Web Slice」は、オークションの出品、スポーツのスコア、エンターテイメント情報、天気予報など特定のコンテンツを購読して、常に最新情報をチェックできる機能。情報が更新されると、Favorites BarのWeb Sliceが強調表示され、情報をプレビューできる。プレビューをクリックすると、当該サイトへと移動する。

web slices

 また検索ボックスの機能も向上した。検索語を入力するとリアルタイムで候補が表示されるほか、候補として画像も表示されるようになった。検索候補には選択した検索プロバイダーとユーザーの閲覧履歴が反映される。検索プロバイダーはユーザーが削除、無効化、有効化を管理できる。

visual search

 セキュリティも強化されている。新しい「SmartScreenフィルター」により、フィッシングとマルウェアの対策を強化した。

smartscreen

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -