ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月03日 07時36分 UPDATE

Google Appsにビデオ機能「Google Video for business」

GoogleがYouTubeのビジネス版「Google Video for business」を発表。企業内で安全にビデオを共有することが可能になるとしている。

[ITmedia]

 米Googleは9月2日、Google Appsで「Google Video for business」を提供開始した。Google Apps Premier Editionの一部として、追加費用なしで利用できる。企業内で自由にビデオをアップロードし、安全に共有することが可能となる。

 ビデオの提供者は、公開する対象をグループ、企業全体などに設定でき、説明やタグの追加、社内Webページへの組み込みも可能。また見る側も視聴可能なビデオの検索、評価やコメントの記入、ダウンロードしてオフラインでの視聴などができる。

 Google Video for businessは現在英語版のみの提供。Google Apps Premier Editionドメインの各ユーザーアカウントにつき、3Gバイトのビデオストレージが利用できる。

 Google Apps Education Editionのユーザーは、9月8日から2009年3月9日までは試用期間として無料でGoogle Video for businessを利用できるが、以降は1ユーザーにつき年間10ドル掛かる。

関連キーワード

Google Apps | 動画共有サービス | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.