ニュース
» 2008年09月05日 08時33分 UPDATE

Linden Lab、Second Lifeの外でも音声チャットができる「SLim」発表

Second Lifeのアプリケーションを立ち上げなくても、友だちリストのメンバーと音声またはテキストでのコミュニケーションが可能になる。

[ITmedia]

 3D仮想空間Second Lifeの開発・運営企業の米Linden Labは9月3日、仮想世界の外でもメンバー同士が音声とテキストのIM(インスタントメッセージング)でやり取りできる新機能「SLim」を発表した。

 SLimはVoIPサービスを提供する米VivoxがLinden Labと共同開発したクライアントソフト。Second Lifeの友だちリストのメンバー同士であれば、Second Lifeアプリケーションを起動していなくても音声とテキストでコミュニケーションできる。友だちのプレゼンス情報が確認でき、オフラインの友だちにはボイスメールを残すことができる。

 Linden LabとVivoxは、米ロサンゼルスで9月3日〜5日に開催のカンファレンス「Virtual Worlds Conference」でSLimのデモを行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -