ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月08日 07時57分 UPDATE

キヤノンが一眼レフ用交換レンズ増産 台湾工場に20億円投資

キヤノンは、台湾キヤノンに約20億円を投じ、一眼レフカメラ用交換レンズの生産能力を増強する。

[ITmedia]

 キヤノンは9月5日、台湾の生産拠点・台湾キヤノンに約20億円を投じ、一眼レフカメラ用交換レンズの生産能力を増強すると発表した。2008年9月に着工し、09年7月に生産を始める。

 延べ床面積を約23%拡張し、約6万平方メートルにする。人員は現在の約2400人から約600人増員する。デジタル一眼レフ市場が世界で拡大しており、交換レンズの需要が増えるとみて増産を決めた。

 同社の交換用レンズは台湾キヤノンのほかキヤノン宇都宮工場、大分キヤノン、キヤノンオプトマレーシアで主に生産している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.