ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月10日 16時09分 UPDATE

キヤノン、SED訴訟で逆転勝訴 「研究開発続ける」

キヤノンは、SED関連特許訴訟で米Nano-Proprietaryに逆転勝訴した。「事業化に向けて研究開発を続ける」としている。

[ITmedia]

 キヤノンは、SED関連特許をめぐる米Nano-Proprietaryとの訴訟で逆転勝訴したことを9月10日までに明らかにした。米連邦控訴裁が、両社間の特許ライセンス契約を有効とする判決を出した。

 Nano-Proprietaryが最高裁に上告する可能性もあるが「SEDの事業化を目指して今後も研究開発を続けていく」(キヤノン広報部)としている。

 米連邦地裁の一審では「キヤノンが両者間の特許ライセンス契約に違反したため、契約が終了した」という判決で敗訴。キヤノンが昨年5月に控訴していた

関連キーワード

キヤノン | SED | 特許 | 判決


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.