ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年09月11日 08時21分 UPDATE

動画閲覧でマルウェアに感染:「オバマ候補のスキャンダル」でスパムメールが横行

オバマ氏の「プライベートポルノ」ビデオが閲覧できると思ってクリックすると、トロイの木馬に感染する。

[ITmedia]

 米大統領選候補者の「性的スキャンダルが発覚」と称するでっちあげのニュースでユーザーをだまし、マルウェアに感染させようとするスパムメールが出回っている。US-CERTやセキュリティ企業各社が伝えた。

 米Websenseや英Sophosによると、問題のメールは「Obama Sex Video!!!」「Barack Obama sex story with girl」などの件名で届き、本文ではオバマ氏の「プライベートポルノビデオが閲覧できる」と称してリンクのクリックを促している。

obamaspam.jpg ポルノビデオ再生時にマルウェアがインストールされる(Websenseより)

 リンクをクリックすると、オバマ氏とは無関係のポルノビデオが再生され、その間に「809.exe」というファイルがユーザーのマシンにインストールされる。これは情報を盗み出すトロイの木馬で、盗んだ情報を外部のサイトに送信する。

 こうした手口にだまされないため、US-CERTでは勝手に送られてくるメールに注意し、スパムメールのリンクをクリックしてはいけないと忠告している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

大統領 | マルウェア | 選挙 | スパム | US-CERT | Websense


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.