ニュース
» 2008年09月19日 09時41分 UPDATE

MS、新CM「わたしはパソコン」で「Mac君とパソコン君」に対抗

Windowsキャンペーンの次の段階として、「PCユーザーの代表」が「I'm a PC」と宣言するCMを流し、ユーザーから自作の「I'm a PC」CMの投稿を受け付ける。

[ITmedia]

 米Microsoftは、新たに立ち上げたWindowsブランドキャンペーンの一環として、Appleの「Mac君とパソコン君」CMに対抗する新CMを放送する。

 同社はこの2週間、キャンペーンの「ティーザー」としてビル・ゲイツ会長とコメディアンのジェリー・サインフェルドが登場するテレビCMを放送してきた。

 次の段階として、「I'm a PC」(わたしはパソコン)をキャッチコピーにしたCMを放送する。宇宙飛行士のバーナード・ハリス氏などの有名人のほか、「全世界の10億人のWindows PC利用者の代表」が登場して「I'm a PC」と宣言する内容という。また、ユーザーが自作の「I'm a PC」CMをアップロードできるようにもするとしている。投稿されたCMの一部は、タイムズスクエアのデジタルビルボードなどに流す予定。

ah_sean.jpg 「I'm a PC」CMに登場するショーン。AppleのCMの「パソコン君」にどこか似ている
ah_applecm.jpg Appleの「Mac君とパソコン君」CM

 またMicrosoftは、「Windows vs. Walls」というタイトルの全面広告を新聞に掲載する。新しいタグライン「Life Without Walls」(壁のない世界へ)に合わせた広告だ。

ah_PrintAd-Manifesto-WebSize.jpg

 空港の通路などには、WindowsがデスクトップPCや携帯電話などさまざまなデバイスに対応していることを示す広告を掲示する。

ah_PrintAd-Multiple-Device-2-WebSize.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -