ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年09月25日 08時29分 UPDATE

Yahoo!、広告管理システムの名称を「APT from Yahoo!」に変更

名称を一新した「APT from Yahoo!」を、まずSan Francisco ChronicleとSan Jose Mercury Newsに提供する。

[ITmedia]

 米Yahoo!は9月24日、Web広告プラットフォーム「APT from Yahoo!」を立ち上げた。

apt

 APTは4月に「AMP!」という名称で発表されたもので、当初の予定通り、今年から来年にかけてNewspaper Consortium加盟者向けに提供する。第1段階として、Hearst Newspapers傘下のSan Francisco Chronicle、MediaNews Group傘下のSan Jose Mercury Newsに提供することを明らかにした。新聞社以外のほかのパブリッシャー、広告主、広告代理店、広告ネットワークに向けても、2009年から提供していく計画だ。

 APT from Yahoo!では、広告主は異なるパブリッシャーの複数の広告の枠を単一のインタフェースから購入でき、地域やサイト訪問者の属性、関心に基づくターゲティングが簡単に実行できるという。またパブリッシャーや広告代理店は、ターゲットとするサイト訪問者に適切な広告を表示するための広告選択・在庫管理機能が利用できるほか、自社の独自広告ネットワークを管理できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.